バンドを組んだらLIVEが目標。

ライブの集客や増員は、金銭的な面だけではなくバンドのテンションを上げ

結果としてパフォーマンスや技術の向上につながります。


 ■特にライブハウスの場合は、客入りの数によってPA・音響関係に変化があります

  人が音を吸収したり、反響音を変化させたりするからです。
 

       それが、「空気」と呼ばれるものです。


       これを知っているか知らないかで大きな差が出ます。

     ●音響が変わることに加え、

     ●観客の声が音となって押し寄せる。


  この現象を「気持ちイイ」と感じられないと・・・、また体験した事があるか?


    ★ 「空気に飲まれた。」 と、よく聞きますが、重要なポイント。

           (音楽だけでなくスポーツやタレントの世界でも同じですね)

  逆にウケなかった時のショックも大きいです。

  が、それがまたバンドを大きく成長させる素にもなります。


 ■それらを経験しているBANDは、ステージを見れば分ります。

   私事ですが、オペレーター・ディレクター・主催者側としては、

      ★そいういうBANDは、リハーサルにも微妙に力が入ります。


 ■DTMやユニットの場合でも、プロモーションやアプローチは、ほぼ同じ。


==「LIVE集客・増員のアプローチ」============

 ●チラシ・ビラによる宣伝、チケット手売り、友人の口コミ

 ●自主制作DC・音源を作る

 ●ストリート・コンテスト・オーディション・イベント参加

 ●個々のメンバーが音楽活動以外で有名になる

 __ と ________________________

 ★ブログ、ホームページ、メールマガジンなどインターネットの活用。

 =============================

 ■メールマガジンは、すでに多くのジャンルで広がっているので上手く使えば
 
  多くのファンを見つけることができ、CDや作品の販売も可能になります。

  まず、メールマガジン最大手の「まぐまぐ・mag2」で、実際に読者になって

  情報を取り入れたり、発行者にメールなどをして人脈を作りましょう。

   ≫「メルマガ・まぐまぐ 音楽カテゴリ」

  *メルマガを使った戦略的なアプローチもありますが、ここでは飛ばします。
    5.「スタジオ代を稼ぐ・・・」のところで、詳しく説明する予定です。


 ■メンバー募集やLIVE告知を受け付けているメルマガもあるので上手に使いましょう。

 ■様子がつかめてきたら、今度は自分たちでメルマガを発行しましょう。

  メルマガの内容は、音楽的なものでもいいし、上記した個人の得意なジャンルで

  人気を確立して、「実はバンドやってます・・・」的なアプローチも良いでしょう。

 ==================================

 ★それ以外なら、やはりプロの意見を聞くこと、プロの手法を学ぶことが最も近道。


  実際に実績のあるノウハウは、その業界・ジャンルに一番適応しています。

  真剣に考えるなら、実は最も資金と時間が節約できる方法です。 

 インディーズ/アーティスト

  無料検索/登録

   


 勝手にCDデビューしよう!!

インディーズ音楽CD/DVD制作

   


動員ノウハウ・インディーズ支援

   


バンド 初心者ためのページTopへ > 6.LIVE集客・増員 > ライブの集客がバンドのテンションを上げる



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif