練習スタジオにあるマイクやミキサーなどを上手く使えるようにしましょう。

マイクはだいたい3本位は常設していると思いますが、その音をどうやって

出すかをあまり知っていないバンドが多いです。


音の調整が出来ないと、せっかくの練習もハウリングの嵐や音量のアップに

なるし、何をやてるのか分らなくなります。

まず、スタジオにはそれぞれ音響特性というものがあります。


細かいことは知らなくていいですが、マイクボリュームを上げて行った時、

ハウリングを起こすポイントが低音部分と高音部分にあります。


この音域を、幅をある程度しぼって下げてやれば、

ハウリングを起こす確立が低くなります。

 ==■ミキサーにグラフィックイコライザーが付いている場合は、==


  メインフェーダーとチャンネルフェーダー(ボリューム)を上げいって。


  ハウるところを、イコライザーで探していきます。

  完全に下まで降ろすのではなく、ハウるちょい下で止めましょう。


  部屋の環境によっては、2箇所じゃなくて1箇所で良い場合もあります。

  イコライザーが無い場合は、各チャンネルのフェーダー(ボリューム)の上にある


  パラメトリックイコライザ(BASSとかTREBLEとか書いてあるやつ)で調整します。

 ■ボーカルの立ち位置や、コーラスマイクとPAスピーカーの位置でもそれぞれ違います


  ★★マイクのアタマがメインスピーカーに向いているとハウります。

    
      これ、基本です。
   

 最初に面倒なことをやっておくと、最後の時間までストレス無く練習できます。


 ステージやリハーサルで戸惑わないように、普段から器材を気にすることを

 心掛けて下さい。


 パワーアンプのスイッチやミキサーの電源スイッチなどもしっかり確認します。


 ■電源の入れる順番は、


  練習始め:エフェクター・キーボード類 ⇒ ミキサー ⇒ パワーアンプの順。


  練習終り:パワーアンプ ⇒ ミキサー ⇒ その他のインプット です。

バンド 初心者ためのページTopへ > 3.音楽スタジオ・練習スタジオで > スタジオにある器材を覚える



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/60