とりあえず1曲コピーしたい曲があるとして、その場合必要になるコト。


■まず、そのコピーしたい曲の「Key(キー)」。


 ★Key(キー)とは、何のことか?★★ 

 (すでにKeyについて知っている人は、後半のコードの種類だけでも確認を)


 カラオケなどでもお馴染みですが、その曲を通じて基本になるコードのこと。

 音楽の授業でも習ったと思いますが、「ハ長調」とか「イ短調」といった、その曲の

 曲調=「明るい感じの曲・メジャー系」とか「暗い感じの曲・マイナー系」と

 基本になる音、(この場合は基本になる『和音』だと思っていいでしょう)を示します。

 ■たとえば、一番聴きなれている「ド」を基本とした曲。

  言い換えれば「ドはC」なので「ド・ミ・ソ」という「Cコード」を基本にして

  その曲が成り立っていますよ。 ということを表記しています。


  ■歌い始めに「Cコード」を弾けば、歌い出しの音を確認することができます。


 歌本やBANDスコアなどを買うと最初に「Key=A」とか「Key=Em」などと

 書いてあるのが分かります。これが「Key」。


 ■Keyは、その曲の基本になる和音ですが、それで歌い難い・弾き難い場合は


  Keyを変えることで、自分にとって歌い易いKey・弾き易いKeyに出来ます。


  でも、その時に注意しなければならない点があります。


 ================================


 ■では、そのKeyを決めると他には何が分るのでしょう。


  それは、

     『その曲の中で使われるであろうその他のコードが分ります』


  あろう、と書いたのには意味がありますが、ここではサラッと流しましょう。

 ■「ダイアトニックコード」という用語を知っていますか?


    これは、あるKeyの中で使われる【コード群】のこと。

 例えば、「Key=C」の時


  基本になるコードは、「C」なので「ド」を基本としたコードを作ります。

  コードは基本になる音(根音ルートといいます)を1番目として、

  3番目と5番目の音を重ねて作ります。


  「ド」をルートとすれば「ド・ミ・ソ」が「1・3・5」と重なる訳です。


   なので「C」コードは「ド・ミ・ソ」です。


 ■この重なり方のままで、ルートを「ド・レ・ミ・ファ・ソ・・・・」とズラしていきます。


  そうすると。。。。


    「ド・ミ・ソ」

    「レ・ファ・ラ」

    「ミ・ソ・シ」

    「ファ・ラ・ド」

    「ソ・シ・レ」

    「ラ・ド・ミ」

    「シ・レ・ファ」


  と重なっていきます。


  この時できるコードはどうなるかというと。。。


    「ド・ミ・ソ」  【 C 】

    「レ・ファ・ラ」 【Dm 】

    「ミ・ソ・シ」 【Em 】

    「ファ・ラ・ド」 【 F 】

    「ソ・シ・レ」 【 G 】

    「ラ・ド・ミ」 【Am 】

    「シ・レ・ファ」 【Bm-5】    となっています。


  ★これらのコード群をKey=Cの時の『ダイアトニックコード』といいます。


    Keyが分れば、その曲のダイアトニックコードが分る、ということ。


 ただし、Key=C(Cメジャー)の時ですからKey=Cm(Cマイナー)には適用できません。

 ■メジャーKeyの場合は、ルートが決まればそれに続くダイアトニックコードの調は同じです。


  「メジャー」「マイナー」「マイナー」「メジャー」「メジャー」「マイナー」「マイナー-5」


  という順番は同じ、ということです。

 ★Key=Gになれば、

  
   「G」は「ソ」なので、、、

   
            「ソ・ラ・シ・ド・・・・・」と続くから、


     「ソ・シ・レ」  【 G 】

     「ラ・ド・ミ」  【Am 】

     「シ・レ・ファ」 【Bm 】

     「ド・ミ・ソ」  【 C 】

     「レ・ファ・ラ」 【 D 】

     「ミ・ソ・シ」  【Em 】

     「ファ#・ラ#・ド#」【F#m-5】

   
     というダイアトニックコードができます。

   ★最後の(7番目の)【F#m-5】は、ちょっと難しいので無視しましょう。

  

 ■ このように、Keyとなるコードが分ると、

    その曲の中で使われるその他のコード「ダイアトニックコード」も自動的に分る。


    これは、覚えておくと便利です。


   しかし、全ての曲がダイアトニックコードだけで作られているわけじゃないですね。


  時には、マイナーコードをセブンスにしたり、その他のコードに変えています。


  そうすることで、サビを盛り上げたり曲に変化を付けたりする事ができます。


  そのあたりは、また追々説明していきますが、今はKeyがわかるとそれに伴った

  ダイアトニックコードを見つけることが出来る。

  ということを覚えてください。

 ■コードについての詳しいことは、1冊コードの本を持っていると良いでしょう。

 
  ほとんど書いてある内容は同じです。(理論ですからね、違ってちゃマズイし)

   ⇒
★コードの本を楽天で探す。★

   ⇒
★パート別でもいろいろみつかる。★


     

バンド 初心者ためのページTopへ > 4.コピーのし方はいろいろある > コピーの基本は、Keyを探すことと、コードの種類。



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/79