■今回は、ギター初心者やベース初心者の方のための地味な練習をひとつ。


   ま、ホントに地味な練習なんですが将来必ず役に立つ練習です。

   ギターの練習、特に弾き語りなどひとりで曲を弾く場合はほとんど

   「コード」を弾く練習になっているとおもいます。

   でも、リードギター(メロディーを弾く場合)やベースなどでは、単音を

   弾いていくことになります。


   いわゆる、ひとつずつ音を弾いていくんですが、その場合にメロディーの

   上下にもよりますが、弾いて行くうちに指がこんがらがっちゃう場合が

   あるんですね。

  どうやってメロディーを繋いでいったらいいのか、どのタイミングで基本になる

  指を動かしていいのかなんかが微妙。


  指の動かし方(運指ともいいますが)を、


     「フィンガリング」といって、弦から弦へ移る場合のタイミングや


  基本にする指の位置に注意していくことが大切になります。

  ■その場合、弾くフレーズによりますが、、、、、


   
   「スケール」という、その瞬間に鳴っているコードやKey、

   曲調(メジャーな曲か、マイナーな曲かなど)によって


   「使える音」「使えない音」があります。


   それらをフレット上で判断して、使える音を選択してメロディーを

   弾いていくんですが、今回はそれはやりません。


   ちょっと理解するのに要領と時間かいりますからね。。。。


   そいつは、後々にゆっくり説明するとして、、、、、

 ________________________________

 ■今回は、とにかく『フレット上で指を動かすこと』に重点を置きます。


 _________________________________


 ■メロディー・フレーズになるか、ならないかは関係ありません。

   弦を移りながら、フレットを縦横無尽に行ったり来たりする練習。


   (サウスポーで弾いている人は、指を以下の説明の逆をやってください)


  ★★★まず、右手人差し指を【6弦の1フレット】に置きます。★★★

    そして、ピッキング。

    ◎次に、中指を【6弦の2フレット】へ、そしてピックング。


    
    ◎その次は、薬指を【6弦の3フレット】へ、そしてピッキング。

    ◎で、最後は、小指を【6弦の4フレット】 へ、またピッキング。

    メロディーにもフレーズにもなってない、ただ順番にフレットを上がって

    いっただけです。つまんないですね。。。

      (正確には、ホールトーンスケールというスケール断片なんですが・・・)


  ==■この次からが、重要な練習になってきます。■========

   ★で、できれば小指は【6弦4フレットに残したまま・・・】


        人差し指を、【5弦の2フレット】へ、そしてピッキング。

                     (もちろん、5弦を、ですが。)

     弾いた瞬間には、6弦に置いた小指は離していいです。


     最初は、人差し指を動かした時に小指は浮いちゃいますね。

     それでも良いです。 出来れば、なので。。。。
  

    ◎次は、中指で、【5弦の3フレット】へ、そしてピックング。


    ◎で、今度は薬指【5弦の4フレット】へ、そしてピッキング。


    ◎もう分りますね、小指を【5弦の5フレット】へ、そしてピッキング。


 ■最初に始めた6弦とは、小指が【1フレット分、ズレた。】と思います。


  次にやることは、だいたい予想がつきますね。。。。。。。。

   そうです、先ほどの小指を【5弦5フレットに残したまま。】


  ◎人差し指を、【4弦の3フレット】へ、そしてピッキング。


  ◎同様に、中指を【4弦の4フレット】へ、そしてピッキング。


  ◎今度は、薬指を【4弦の5フレット】へ、そしてピッキング。


  ◎はい、では小指は【4弦の6フレット】へ、そしてピッキング。。。。


  ■このように、


     弦を1本ズラす毎に、フレットも1個ずつ高くしていって弾くんです。

 ________________________________

  まとめて書くと。。。。。

 ★スタートは、6弦からで、、、、


      人差指=「6弦1フレ」

      
      中 指=「6弦2フレ」


      薬 指=「6弦3フレ」


      小 指=「6弦4フレ」  までいったら小指を残して。


 ==次は5弦に移って=================


      人差指=「5弦2フレ」

      
      中 指=「5弦3フレ」


      薬 指=「5弦4フレ」


      小 指=「5弦5フレ」  までいったら小指を残して。


 ==今度は、4弦に移って================
     

      人差指=「4弦3フレ」

      
      中 指=「4弦4フレ」


      薬 指=「4弦5フレ」


      小 指=「4弦6フレ」  までいったら小指を残して。


 ==はい、3弦に移って================
     

      人差指=「3弦4フレ」

      
      中 指=「3弦5フレ」


      薬 指=「3弦6フレ」


      小 指=「3弦7フレ」  までいったら小指を残して。


 ==どんどん行きます、2弦に移って================
     

      人差指=「2弦5フレ」

      
      中 指=「2弦6フレ」


      薬 指=「2弦7フレ」


      小 指=「2弦8フレ」  までいったら小指を残して。

 ==当然、1弦に。。。ですね================
     

      人差指=「1弦6フレ」

      
      中 指=「1弦7フレ」


      薬 指=「1弦8フレ」


      小 指=「1弦9フレ」  

  ■はい、お疲れさま。  いゃいゃ・・・・・・


   

    実はコレだけじゃないんです。ココからがポイント。。。。。

    今度は、


      この「1弦の9フレ」にある小指を残しまたまま。。。。。。

       (今度は、ちょっと難しい、というか指が・・・・)


  ★★★★人差し指を【2弦の7フレット】へ置いて、ピッキング★★★★

  後は察しがつくと思いますが、、、、、


     人差指=「2弦7フレ」 から始まって、

      
      中 指=「2弦8フレ」


      薬 指=「2弦9フレ」


      小 指=「2弦10フレ」  までいったら小指を残して。


 ==次は3弦に移って=================


      人差指=「3弦8フレ」

      
      中 指=「3弦9フレ」


      薬 指=「3弦10フレ」


      小 指=「3弦11フレ」  までいったら小指を残して。


 ==今度は、4弦に移って================
     

      人差指=「4弦9フレ」

      
      中 指=「4弦10フレ」


      薬 指=「4弦11フレ」


      小 指=「4弦12フレ」  までいったら小指を残して。


 ==はい、5弦に移って================
     

      人差指=「5弦10フレ」

      
      中 指=「5弦11フレ」


      薬 指=「5弦12フレ」


      小 指=「5弦13フレ」  までいったら小指を残して。


 ==まだまだ行きます、6弦に移って================
     

      人差指=「6弦11フレ」

      
      中 指=「6弦12フレ」


      薬 指=「6弦13フレ」


      小 指=「6弦14フレ」  


 ==けっこう面倒くさい作業でした。。。===============
     

      
   アコースティックギターならココまで、でも、エレキならもう少し行けますね。


   当然、また5弦の12フレから・・・・・という作業になります。


  ■はい、どうもお疲れさまでした。。。?  

     いゃいゃ・・・・・・まだまだコレからなんですよ。

  ★★★今度は、今までやってきた作業を、、、、、


         【逆に戻って行く練習】


                     コレが重要、★★★★

  「え”????マジっ!!!!」 って思うでしょ。


          マジです。


      そのまま逆に辿って戻りながら弾いていってください。

  ■最後は、【人差し指が、6弦の1フレット】へ戻ってこなくてはなりません。


  途中でフレット位置を間違えたら、中指が1フレットになっちゃったり


   人差し指なのに2フレットになったりします。


 ■ベースの場合は、当然弦は4本しかありませんので、


   1弦まで行ったら、2弦へと移っていきます。


    フレット位置は書きませんが要領は同じ。


 _________________________________

 ■出来れば、ピッキングは「オルタネイト・ピッキング」で弾きます。

   ★オルタネイト・ピッキングというのは、

   ダウンピックングをしたら、次はアップピッキング、で次はダウンで、

   今度はアップ、というように、1回ずつダウン・アップを繰り返しながら

   弾くピッキングのコトです。

   ★★★ベースで指弾きをしている人は、


     左は人差し指と中指を交互に使って弾きます。★★★


  ■この練習で、迷うのは右手の「親指の位置」だと思います。


    フレットを上下していくのに伴って、親指も少しずつズラして行かなければ

    ならないからです。


    タイミングとしては、小指まで行って、人差し指に移る時が

    親指が動くタイミング、ということになるでしょう。

   その際に、小指が浮いてしまうと一瞬ですが、

   指盤を支える指が無くて、親指が不安定になってしまう。ということ。

   これを安定させるには、小指が指盤(フレット)上に残っていると

   意外と親指が動かしやすい(ズラしやすい)という訳です。


   あまり、親指はネックから離さないで「ズラす。」という感覚が大事です。

  最初は難しいかも知れないですが、練習していくうちにタイミングが

  分ってきます。

 __________________________________


 ■メンドクサイし、これって何の練習になんの? って感じですが。


   将来、必ず役に立つ練習なので今のうちからやっておきましょう。


   1日に15分〜20分程度で良いので、(それ以上は僕もイヤです。)


   コードの練習やカッティングの練習の前にやっておきましょう。


 __________________________________


 ■それに慣れてきたら。。。。。。。。。。。。


  「え”ぇ〜〜〜、まだ、あんのォ〜〜〜っ??!!!」


  て、まぁまぁ。。。。練習っすから


  今回は、スタートを6弦から始めたでしょ?

    そうです、【1弦の1フレット】から始めて【6弦】へ向かっていくんです。

  もう、フレット指定は書きませんが、やりかたは分るはずです。


  逆もまた真なり。 なので、コイツもやっつけとくとリードギター等を担当する場合


  「やっててヨカッタなぁ〜〜。」って思いますよ。


 _________________________________


 ■思ったより長くなっちゃいましたね。。。。。。。。


   もっと簡単に書ききれるかと思ったのに、バカ丁寧に書き過ぎたかなぁ・・・。


  ま、地味な練習ですが、とにかくやってください。


  次回はこの練習をしながら、もう少し自分に厳しい課題を課すことをします。

   次回は簡単に書きますから。


  でも、効果はバツグン。 そんな練習を教えます。


   お楽しみに。


         さ、練習、練習。。。。。。。。。。。

***********************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

バンド 初心者ためのページTopへ > 00.メルマガ倉庫 > バンド初心者へのアドバイス stage.5  指を鍛える1



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif