【ハーモニックス音とフレットの関係】

 ハーモニックス音、鳴ってますか?


  『え? 何それ??」っていう始めての人のために簡単に復習すると、


  
   『ハーモニックス』とは、弦楽器特有の音の出し方です。

   だから、ギターだけじゃなくてベースでもバイオリンやチェロやマンドリンでも

   出すことができます。もちろんバンジョーでもハーモニックス音は出ます。


  さて、通常ギターやベースを弾く時には、弦をフレット上でしっかり押えて音を

  出しますが、その場合は押えたフレット音がそのまま出ます。

  ■分り易いように、最初は6弦(もしくは5弦)5フレットか7フレットで練習。


  ■で、左手の指はフレット上の弦を触っている程度にして


    ピッキングした直後に、左手の指を離す。(サウスポーの場合は逆)


    そうすると「ポ〜〜ン。」という高い音が鳴ります。


    *最初はポコポコいうだけででも、練習するうちに鳴るようになります。

   
   左指を離すタイミングが微妙なんですね、指は弦に触れている程度。

   でも、ピッキングは比較的強く。

   最初は、右手は指弾きよりピックの方が良いでしょう。

 ===================================


 ■さて、ハーモニックス音は出ましたか?


   ま、とりあえず出たとしましょう。


   前号では、このハーモニックス音を利用してチューニングに応用できる。

   という話でした。

   それらは、「通常のチューニングとは違う音がするじゃん?」

   って思ったでしょ?


   6弦の5フレット、普通は「A=ラ」なのに

   「ラっぽくない」、ってかオクターブ上でもないなぁ・・・と。


    そうなんです。 これは『E=ミ』の音。


   それが、5弦の7フレットが同じ『E=ミ』の音が出る。


  ■難しい理論は置いといて、このハーモニックスが出るフレットは限られています。


   まず、簡単なところからまとめておくと。。。。。


  左から6弦・5弦・・・1弦と並べて、それが何オクターブ上かも書きます。

  ≪ex。「Eの2」だと2オクターブ上のE=ミってことね≫


  【 5フレット 】 = 『Eの2・Aの2・Dの2・Gの3・Bの3・Eの4』


  【 7フレット 】 = 『Bの1・Eの2・Aの2・Dの2・F#の3・Bの3』


  【12フレット 】 = 『Eの1・Aの1・Dの1・Gの2・Bの2・Eの3』


  
 ■5フレットと7フレットを右下斜めに見てくと、E・A・Dまで同じなのが分る?


   これが、前回書いた


       6弦の5Fと、5弦の7F

       5弦の5Fと、4弦の7F

       4弦の5Fと、3弦の7F  が【同じ音】っていうコト。

    (ベースの場合は、ここまででOKっすね。)


  で、1・2弦について、


       6弦の7Fと、2弦の開放弦

       5弦の7Fと、1弦の開放弦  ってワケです。


 慣れたら、


       6弦の7Fと、2弦の12F

       5弦の7Fと、1弦の12F  も会わせようってのも頷ける?


 ■しかも、5Fと12Fは開放弦のオクターブになってるもの気付きましたか?

  もっと詳しく知りたい! って人は、

  「ギター 等比数列」とか「ギター フレット 公約比」とかで検索してみてね。

 ===================================


 これらを「ハーモニックス・ポイント」と言います。


 んで、それ以外には出ないのか? ってコトですが、、、、


 色々出したい人のために書いときますと。。。。


  【 2.4フレット 】 = 『Eの3・Aの3・Dの3・Gの4・Bの4・Eの5』


  【 2.8フレット 】 = 『Dの2・Gの3・Cの3・Fの4・Aの4・Dの4』


  【 3.2フレット 】 = 『Bの2・Eの3・Aの3・Dの3・F#の4・Bの4』


  【 4 フレット  】 = 『G#の2・C#の2・F#の3・B#の3・D#の3・G3の4』


  と、こうなっとります。


  

  ★『2.4フレット、って何っじゃそりゃ!!』


    って思いますよね。 

   
     『そんなフレット無いじゃん!』 って、そりゃそうでしょう。

    がぁ!


   ■そもそも、ハーモニックスって「フレットをしっかり押えない」んです。


     そう、「触ってるだけ」 でしょ?

   なので、【2.4フレット】は、2フレットからやや3フレットへ行ったトコ。

        【2.8フレット】は、3フレットからやや2フレットへ戻ったトコ。

   同様に、【3.2フレット】は、3フレットからやや4フレットへ行ったトコ。


   微妙ですが、必ず鳴るポイントがあります。


   この辺は、ある程度練習が必要なので、まず普通のハーモニックスが

   出るようになってからの方が良いかもしれません。


 ===================================


 ■今回紹介したハーモニックスは「ナチュラル・ハーモニックス」

   
   と呼ばれる代表的なハーモニックスです。

   んじゃ、もうそれ以外にハーモニックスを出すことは出来ないのか?


   というと、そうじゃないんですね。


  他に、よく使われる2種類のハーモニックスがあるんです。


  ■次回は、それを解説しましょう。

  ★ヒントをひとつ、5フレットや7フレットじゃなくて、

    「8フレットや9フレットでハーモニックスを出すことは出来ないのか?」
 

   さ、分った人は早速試してみましょう。

   
   でも、どうやって弾けばいいんだ?????

 __________________________________


   「カポ?」

    まぁ、それもアリですが、そうじゃないです。


***********************************

バンド 初心者ためのページTopへ > 00.メルマガ倉庫 > バンド初心者へのアドバイスとバンド練習上達へのコツ stage.2



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif