■運指の練習はできていますか?

   面倒な練習でもやってるのとやらないのでは、将来いろんなコトを

   やろうとした時の簡単さ、というか便利さが違います。

  毎日の練習はじめにやる準備運動として組み込んでください。


    へ?それって何?っていう初めての人は⇒「コチラ」

   
 _________________________________


 ■そして、前にも書きましたが「オルタネイト・ピッキング」。

    
   これも大切な技術の一つなので身につけておきましょう。

   ★オルタネイト・ピッキングとは、


   ダウンピックングをしたら、次はアップピッキング、で次はダウンで、
   今度はアップ、というように、1回ずつダウン・アップを繰り返しながら
   弾くピッキングのコトです。

    ピッキングについては、常にオルタネイトでなきゃいけないか?


     というとそう言うわけじゃないです。


    ロック系のサイドギターやカッティングの種類によっては、

    ダウンばかりの方が良い場合もあるし、フレーズによっても

    オルタネイトでは逆に弾き難い時もあります。

  
    ただ、基本はオルタネイトなので、ベーシックな技術として

    覚えておく必要はあります。


 _________________________________


 ■では、本題に入りましょう。

   ★「指の強化練習」  っていっても


   
     指立て伏せをしろ!とか、高熱の砂に手刀を差し込め!なんて

     そんなマニアックな練習じゃありません。

  スタジオに来たギタリストやベーシストに、いつも伝授する方法です。


  特に、リードギターなどを弾こうという人には是非やってほしい練習。

      ■□■用意するもの■□■

            『輪ゴム』


 
             それだけ。

 ■輪ゴムを、左手の指に交互にクロスさせながらはめます。


    各指の根元に、ひねりながらはめていく。

          それだけ。

  その状態で、リフやフレーズを弾いてみて下さい。


   ゴムの抵抗がかかって、弾き難いはず。

   あの、指先がシビレたり変色するほど強くする必要はないですよ、

    ちょっと弾き難いかなぁ〜〜くらいで十分です。

  そのまま、15分から20分くらい練習します。

  ■んで、その輪ゴムを外して、もう一回弾いてみると。。。。。。。


   ★★♪★「何と言うコトでしょう♪!!!」★★★♪ 

     ってビフォー&アフターのような声が聞こえてきそなくらい・・・

   「ホントかよっ!?」 って思うでしょ。

     騙されたと思って、とりあえず一回やってみて。

  ■意外とその効果にビックリするプレーヤーは多いです。


    ★★早弾き養成ギブス★★ と呼んどります。


  ■慣れてきたら、、、、、

      輪ゴムをはめるトコを指の根元から、第三関節と第二関節の間に


      若干ですが抵抗が増えます。


      か、輪ゴムを最初は1本にして、2本、3本と増やしていく方法もアリ

     いずれにしても、指が変色したりシビレるほどやっちゃダメっす。


     適度な抵抗感を持たせて練習することが目的なので。


 ■ギターだけじゃなくて、ベースでも効果はあります。


   また、リフやソロだけじゃなくてコード回しのコードチェンジを早くする練習

   にもなります。


      あ、アルペジオなどの時は右手の指にはめるのも良し。

 __________________________________


 ■たったこれだけ、

   単純な話だと思うでしょうが、「やる」と「やらない」では

   後々、雲泥の差がでてきます。


   抵抗を付けたい時は、1本の輪ゴムを2重にするんじゃなくて、
   2本か3本で、2重にするとキツ過ぎますんで。。。

    じゃ、がんばって練習。。。

***********************************
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

バンド 初心者ためのページTopへ > 00.メルマガ倉庫 > バンド初心者へのアドバイス stage.6



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/104