「ドラム初心者の練習は他のメンバーも知っておくと良い。」 


 ■今回はドラム初心者向けの練習を。


    ギターやベース、キーボードはある程度「コード」で会話するんで、

    ある程度、お互い何をやってるか分るけどドラムとなると。。。


    ■バンドの基本は「縦のノリ」。


         タテノリ じゃななくて、各パートの時間軸の縦のビート。


    ■バンスコや譜面を見たときの、『各小節の縦のライン』

      ビートの頭、とか小節の変わり目、ココが合ってないと何も始まらない。


      たとえ、アタマが「休符」であったとしても(レゲエとか)。

 ________________________________

  ■ 「ゴールデンリズム」というリズムパターンがあります。


    (ドラムのスコアをテキストで書こうとするとムズイ・・・)


←ブラウザによっては、フォントで幅が変わるので左寄せで書いてみます。


上段:ハイハット(右手)  ツ・ツ・ツ・ツ・ツ・ツ・ツ・ツ

中段:スネア(左手)       タン!    タン!

下段:バスタム(右足)   ド       ド ド

   |   |   |   |   |   |   |   |
   ×   ×   ×   ×   ×   ×   ×   ×
__________________________

            |                |     
            ■                ■       
__________________________

   |                |   |         
   □                □   □            
__________________________


 ■まずは、このゴールデンリズムをくり返し、くり返し練習。


    20分くらいは続くようにがんばります。


  
   バスタムの2回目の「2度打ち」が最初は微妙でしょう。

   2回踏まなきゃなんない。。。という強迫観念から、どうしても


   あせって「早く」踏んでしまいがち。


   ここを、余裕を持てるように、多少遅れてもいいので早くなるのを

   ガマンする。

   ★業界用語で、早くなるコトを「ハショル。」
   
             遅くなるコトは「モタル。」 ともいいます。

 ■ペダルの踏み方は「一つの方法」だけにこだわりません。


   短距離が好きな人もいれば、ハードルや幅跳びが好きな人がいるのと

   同じように、ペダルも好みがあります。


   つま先で踏むのが好きな人、ベタ踏みが好きな人、それぞれで。


   基本は、2度打ちの場合、カカトは上げておいた方がつま先に力が、

   入ります。そのかわり、小節の始めの1発目はベタの方が強く打てる

   かもしれません。 

 _________________________________


 ■ドラムに合わせるギターやベースのビートを合わせるポイント

   ギター(サイドギター・リズムギター)のアクセントは、スネアのタイミング。

   ベースは、バスタムのタイミングに、ビート(リズム)のポイントを合わせる。


  ■ドラマーの右足⇔ベースの右手

  ■ドラマーの左手⇔ギターのカッティング


      ここのタイミングとビート感があっているように意識します。

   「そういう関係になってるんだ。。。。」と、意識することが重要です。

    おのおのが、勝手なビート感やリズム感で練習するんじゃなくて


     ★常に、「一体化してなんぼ」の世界を作っている。

      という意識を持っていることがだいじでしょう。


    「ハイハットじゃないの?」

     って思うでしょうが、ハットは変化が多い曲も多く、最初は合わせ難い

     ので、スネアとのタイミングを意識することをおすすめします。  

 _________________________________


 ■ドラマーから、時々聞かれることで

    「スティックの重心、ってドコなんですか?」 っての多いです。

   スティックは、その形状(チップ・頭の形や太さ、材質など)で重心が違います。


   厳密には、1本ずつ違うんでしょうが、簡単な重心の見つけ方は、、、、

  ■両手の人差し指を伸ばして、スティック幅よりやや短めの幅に広げます。


     「Gets!!〜〜〜。」 みたいな形。か・・・


       そこに、スティックを乗せます。


    で、だんだんその指の間の距離を縮めていきます。

    心配しなくてもスティックは落ちません、ずりずりと位置をずらしながら。。。

   そうすると、右側、左側、右側、左側、、、と順番に指がスティックの

   中心に向けて進んできますね。


      「まず落ちることは無いです。」

    で、ズ〜〜〜っと持って行くと、指がくっ付つでしょ。


      「そこが、そのスティックの重心です。」


     マジックか何かで印を付けおくと良いですね。

 ________________________________


  ■次回は、この重心を意識したスティックの動かし方。


      のようなことを書いていきます。


   ドラマーだけの問題じゃなくて、他のメンバーも興味を持って欲しいですね。


   バンドメンバー間の意志の疎通にも役立ちますよ、後からじわじわと。。。


***********************************

バンド 初心者ためのページTopへ > 00.メルマガ倉庫 > バンド初心者へのアドバイス  stage. 7



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/105