ギターを弾いていてコードやコード進行とかコード変換に

興味のあるギタリストさんに読んでもらいたいページです。


■人間が歌うわけですから、、、、


  (あ、インストバンドの方はすいません、今回歌ネタです)

  人それぞれ歌い易い高さ(低さ)があります。


 ■どんなKeyでも歌えるようになってこそ・・・・、も分りますが、


   それでも、

   コピーとかする時に原曲が変なKeyだったりする場合もあるし

   サックスや他の楽器のために変えることもある

   ボーカルがコノKeyで歌いたい!っていったら答えてあげたいし

 =============================

  ■エレキギターにはタブー視されますが、

   「カポ」って意外と便利な道具。


    B♭を「G」で弾きたい時とか、「A」で弾きたい時とか、

    Aから始まる曲なんだけど、「C」からの方が弾き易い。

  とか、そんな時便利なのが「カポ」


 ■ギタリストなら1コは持っていたい道具です。


  でも、そのカポをどのフレットに着けて、何のコードに変換??

   「G」を「C」で弾くと、他のコードはどうなっちゃうの???

   この面倒な作業で弾くのを辞めてしまう人を何人も見ました。

  データ化しようとも思いましたが、現場で使えなきゃ意味が無い!

  そうして「カポ装着後コード変換表」です。詳しいことは「コチラ」
 ============================

   ■Keyを自由に操れる

        という事は、
 
      どんなボーカルにも合わせられる。


   ■また、コードの知識不足からくる

        ★イメージが共有できない

        ★相手が何をしようとしているか分らない

        ★展開を考えられない

        ★そもそも和音が濁っている

    という問題も解決します。

 ==========================

    「コードには」

    ■元になる響き

    ■元に戻りたがる響き

    ■どちらにでも行けそうな響き

     の3種類の響きがあります。


  「元」というのは、Keyで指定したコードのことで。

      Key=Aの曲なら「A」です

  元に戻りたがるのは「A」から数えて、5番目の

      「E」です。

  どちらでも行けそうななのが、4番目の

      「D」です。

============================

 ■元にしたコードを「トニック・コード」

 ■元に戻りたがるコードを「ドミナント・コード」

 ■どちらにも行けそうなコードは「サブ・ドミナント・コード」と言います

=============================


バンド 初心者ためのページTopへ > 2.バンドパートの練習方法 > 本当のKeyをちゃんと掴んでいるか。。。?



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/122