−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  「ベースとコードはどんな関係なのか」 
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■まぁ、コ難しいコード理論は、いつかやるとして、

   今回は、ベースに限定して、


    自分は今、コード上のどの音を弾いているか????


    を、少しでも理解してもらえたら、と思って説明します。

 ____________________________________


 ■まず、コードの簡単な基本のおさらいです。


   これは、このメルマガをずっと読んでくれている読者さんにはクドい説明ですが

   ちょっとだけお付き合いください。


  ★【 コード は基本 3個の音が重なってる 】

  ★【 その3個以外に テンションという 4個目・5個目の音が加わる 】


   とりあえず、こんな風に覚えていれば良いでしょう。


 ■で、その3個とは、


    基本にする音を、根音(こんおん)といって、通常、一番下の音(最低音)

     *根という字からも分かるように、この音を【 ルート 】とも言って、


     ■■■ベースが弾く音の基本になっています。■■■

      基本に、ってのがミソですが、、、 今日は流します。

    んで、その上に、根音から数えて 「3度上の音」 を乗っけます。

     *「ド」がルートなら、3度は「ミ」です。 3度の細かい説明は後で。。。

    で、そのまた上に、根音から数えて 「5度上の音」 を乗っけます。


    *「ド」がルートなら、5度は「ソ」です。


   ってことは、「ド」がルートの時は 【 ド ・ ミ ・ ソ 】

 ____________________________________

  ■和音をコードで表現するときは、アルファベットが和音の代名詞になります。

  ■ ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド ⇒ が C・D・E・F・G・A・B・C という風に変換

   何で最初の「ド」が、『A』じゃねぇの?? っては今は考えないでそのまま覚える。

 ___________________________________

  ■なので、先ほどの 【 ド ・ ミ ・ ソ 】 は、コードで書くと 「 C 」 ということ。


 ___________________________________


    
  ■■■■■■さて、これからがベースの話■■■■■■

   ベースの弦は、細い弦から1弦・2弦・3弦・4弦 となっていて

   一番太い弦、右利きの場合手前にきます。

 
   タブ譜や、こんなテキスト画面では、4本書いてある弦の

   ★上から、1弦・2弦・3弦・4弦になってます、一番下が4弦ってことです。


 ===では、ロックの基本 Aコード でベースが使う音を覚えましょう。======

    最も単純な、いわゆる「ロックンロール」と言われるベースの動きで説明します。


   ★使う弦とフレットは以下★ (レイアウトが崩れるときは等幅フォントで見てください)


     ★印が、ルート。ここでは「ラ」の音です、ここが「1度」になるワケですね


  −−−−−−−−−−−−
     |  |  |  |
  −●ー●ーーーー○ーーーー
     |  |  |  |
  −●ーーーーーー●ーーーー
     |  |  |  |
  −−−★ーーーーーーーーー
       5

     ブラウザによっては、崩れてるかも知れないので、一応書いとくと。。。


    ■4弦の5フレット ココが「A・ラ」の音でルート ★

    ■3弦の4フレット と 7フレット コレが「3度 と 5度」

    ■2弦の4フレット と 5フレット コレは「6度 と 7度」 の音 

 ___________________________________
  


  で、これらを順番に弾いていきます。(フレットはフレに短縮)

   ■4弦5フレ ⇒3弦4フレ ⇒3弦7フレ ⇒2弦4フレ ⇒2弦5フレ

    ★★★ 度数で書くと ★★★

     ■ルート(1度) ⇒ 3度 ⇒ 5度 ⇒ 6度 ⇒ 7度

  ==今度は順番を逆に戻ってきます。=============

   ■2弦4フレ ⇒3弦7フレ ⇒3弦4フレ 


    ★★★ 度数で書くと ★★★

     ■6度 ⇒ 5度 ⇒ 3度 

 ===では、これらの8コの音を、順番に弾いてみてください。=====

         面倒なので「フレ」も書きません。。。。

  ■4弦5 ⇒3弦4 ⇒3弦7 ⇒2弦4 ⇒2弦5 ⇒2弦4 ⇒3弦7 ⇒3弦4

    ★★★ 度数で書くと ★★★

  ■ルート(1度) ⇒ 3度 ⇒ 5度 ⇒ 6度 ⇒ 7度 ⇒6度 ⇒ 5度 ⇒ 3度


   スタンダードなRock’nRollのリフになってますね。


   ルートをどのフレットから始めても、この「動かし方」の基本は変わりません。


   3度まで帰ってきたら、


   最初のルートに戻って、連続してフレーズを弾けるように。何度も繰り返します。

 __________________________________


 ■目を閉じていても、この「動かし方」で、各弦とフレットを行ったり来たりできるように

   練習してください。

 ■今は、最初の音を「4弦の5フレット」から始めましたが、


   それに慣れてきたら、


   次に、最初の音を「3弦の5フレット」から始められるようにします。

  ★★★ この場合、ルートは『レ』の音、コード表記でいくと【 D 】です。★★★

  初めての方は分からないかも知れないので、書きますが。。。。


  ■3弦5 ⇒2弦4 ⇒2弦7 ⇒1弦4 ⇒1弦5 ⇒1弦4 ⇒2弦7 ⇒2弦4

    ★★★ 度数で書くと ★★★ コレがおんなじで・・・

  ■ルート(1度) ⇒ 3度 ⇒ 5度 ⇒ 6度 ⇒ 7度 ⇒6度 ⇒ 5度 ⇒ 3度

   という風に弾いていることになります。


 __________________________________


 ■ ここ、何気に重要です。


  今、弾いていった一連の音の仲間が、【コードを構成する音の仲間】なワケです。


   ■ルート(1度)、3度、5度 が主要な3和音の音であるのに対し、


   6度の音は、コードで書くところの 【 ●6 】 シックススと言い 6thと書きます。

   7度の音は、同様に 【 ●7 】と書いて、セブンス・7thと言います。

    *ただし、セブンスは2種類ありますが、今回はこれをセブンスで覚えます。

 

  この、6thや7thの音を、バンスコや譜面を見た時に、「●6」とか、「●7」って


  書いてある場合に弾くと、非常に有効な音、になるってこと。


  アレンジをする場合やちょっと雰囲気に色を付けたい時なんかに便利です。


 _________________________________


 ■実際に同時に弾いていなくても、


   実は、コードを構成する音を、別々に弾いているに過ぎない。
  
 _________________________________

 
 ■ギターやキーボードでも、アルペジオ等に代表される、


  コードの構成音をバラバラにして弾くという技がありますが、それとほぼ同じコト。


  俗に、「分散和音」ともいわれてますね。

 _________________________________


  ■では、今覚えたフレーズを、コード進行に乗せて弾いてみる練習。

   コードで書きますよ。 「A」 というのが、先ほどの一回り分です。


   A  |A  |D  |D  |A  |A  |E  |D  |A  |A  |

   *Dは、3弦の5フレットから開始。

   *Eは、3弦の7フレットから開始。


  どうですか? ロックンロール っぽく なっているでしょうか?


 __________________________________
 
 ■今度ベースについて書くときは、


   今回やった3度が、マイナーコードやブルースの場合にどう変化するか?

   について説明します。 これは、ギターが「ペンタトニック」という、ソロの基本を

   覚える場合と同じ意味合いがありますので、とっても大事なポイントです。

  それまで、今回のフレーズがスムーズに弾けるように練習しといてくださいね!!


 __________________________________

バンド 初心者ためのページTopへ > 00.メルマガ倉庫 > バンド初心者へのアドバイス stage.20 「ベースとコードはどんな関係なのか」



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/130