「ギター コードの使い方、コード進行を作る」 〜コードって何?〜


 ■今回はコード・ダイアトニックとコード進行の話。

 _____________________________________


 ■ダイアトニック・コードとは?


  自分が歌いたい、バンドで演奏したい、曲を決めたとして、


   その曲が、どの位の音程で歌うように作ってあるか?

   を察するポイントに「Key・キー」というのがあります。

   「キー」というのは、カラオケなんかでも普通に使われるようになったので

   楽器を弾かない人でも、今は誰でも何となく知っている概念です。


  単に歌うだけなら、キーが高いとかキーが低いとか言ってりゃいいんですが、


 ■楽器を弾く側に取っちゃ、【Keyが変わる】って事は

   今までの恋人と別れて、

     新しい人と付き合うことになった初日くらい惑います。

                (あ、、、、戸惑わない人もいるわね。。。)


   ■何でかというと、ギターとかコードで弾いているパートは


    変わるのはKeyのコード一つだけじゃくて、


    その曲全般で使われる、「全てのコードが変わる」からです。


    たまたま、同じコードが使われている場合もありますが、


    それは見てくれの形は同じでも「役割」が変わります。

 ___________________________________


 ■一つの「Key」が決まった時に、


   その曲全般的に使われるであろう「コードの種類」が、ある程度決定します。


   例えば、

   前回も書いたんですけど、

   Key=C と決まると、

   使い易い(というかそのキーで通常使う)コード種類は


     ■「C・Dm・Em・F・G7・Am・Bm−5・(C)」になります、


     Gだけではなくそれぞれのコードに7を付けてもOK。


    それぞれの、コードのルート(一番下の音)が


       「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」 って順番に並べてあるの覚えといてね。


   じゃ、何でGmじゃなくてGで、DじゃなくてDmなのか、


    どうしてメジャーコードになる場合と、

    マイナーコードになる場合があるのか???


  楽典的に書くと難しくなるので、簡単にしますが、


  ■KeyがCということは、


      「C=ド」を基準にして曲が出来てますよ。

      ということです、普通に学校で習った時の

      ピアノやオルガンで言えば、黒鍵を使わず白鍵だけで

        普通に(くどいか。。。) 


      「ドー・レー・ミー・ファー・ソー・ラー・シー・ドー」


    って弾いた音たちを使ってますよ、  って意味です。

      簡単に言って、ね。

   (黒鍵のF#とか、B♭とか、D#などを使ってないって意味ね)

 ___________________________________


 ■で、コードというのは

   何か一つ基本にする音を決めた時、

   その音を「1」として、「3コ上」の音と、「5コ上」の音を重ねます。

       いわゆる、和音。


   「ド」にしたら、「ミ」と「ソ」。 

 
   この和音をコードといって、最初に決めた音
  
   「ド」をローマ字で「C」と表すことにしています。

   ★なぜか、「A」は「ラ」から始めるんですね。

    ま、意味は有りますが、ここではスルーしても全然OK。


   で、それが、暗い響きなら「マイナー」

           明るい響きなら「メジャー」

    と言って和音の性格を分けています。


   マイナーとメジャーの違いは「真ん中の3コ目の音」が役割を担っていて

   1コ目の音に対して「短三度」で乗っかっているか

              「長三度」で乗っかってるかで響きの性格を変えています


  ■その意味をやってると長くなるので、次へいきます。

____________________________________


 ■で、Keyがメジャーコードの場合、いわゆる長調の曲の場合、


     Keyにした音を最初にして、


    1番目・2番目・3番目・4番目・5番目・6番目・7番目の音を並べると、


    (*8番目は最初と同じ音なので、コレ以上並べる必要が無い)


   ★自動的に、それらの上に重ねて出来るコードの性格が


     ★★メジャーになるか、★マイナーになるか、


     の「順番」が決まっているんですね。


     その順番を書いたのが、先ほどの


    ■「C・Dm・Em・F・G7・Am・Bm−5・C」 


   これらのコード群を、その「Key」の「ダイアトニック・コード」といいます。


     m−5って何!?って思ったでしょ。 とりあえず今は無視してOK。

 ___________________________________


  ■ダイアトニックコードは、各Keyごとに決まっています。


     が、マイナーコードとメジャーコードの出現する順番は全部同じ。


      だから、
 

      Key=E♭ の時は


  
       ■「E♭・Fm・Gm・A♭・B♭7・Cm・Dm−5」 

 __________________________________


  ■Keyが変わっても、その順番を忘れないように


    音程の順番を「ローマ字表記」で統一しました。


   【 T ・ Um ・ Vm ・ W ・ X ・ Ym ・ Zm−5 】


    これを 「デグリー表記」と呼んでいます。

   そうすることで、どの音を一番目にしても

   共通のダイアトニック・コードを導き出すことが可能になりました。


   これは、基本の音(ルート)とその上に2コで、全部で3個の音の和音。


   その上に7コ上の音を乗せても、同じ順番で

   マイナー・コードとメジャー・コードを作れます。

    「俗に言う7th・セブンスコード」 ってやつですね。


    ただ、単にコードの名前の右横に「7」と書き足すだけ。


    ■ Key=C なら


     「C7・Dm7・Em7・F7・G7・Am7・Bm7−5」

    ■Key=E♭ なら

  
      「E♭7・Fm7・Gm7・A♭7・B♭7・Cm7・Dm7−5」 


 ■じつは、このテンションノートは9thが付こうが11thだろうが同じ。

   でも、マイナーコードしかないテンションや、

      メジャーコードにしかつかないテンションもあります。

  ★詳しく知りたい人は↓↓↓ のコード・バージョンをどうぞ。

   http://www.studiofalcon.com/06/e-book_ppoi/e-book_ppoi_01_index.html

 ___________________________________

    ■これをディグリーで書いたら


  【 T7 ・ Um7 ・ Vm7 ・ W7 ・ X7 ・ Ym7 ・ Zm7−5 】


 ___________________________________


 ■ただし、これはKeyがメジャーの時なので注意。


   KeyがCmとか、マイナーキー(短調)になる場合は、順番が変わります。

  
  (マイナーコードのダイアトニックは、また後日詳しく書きますね)

 ___________________________________


 ■んで、これらのコード群を使って曲の基本の骨組みを作ります。


   要は「コードをつないでいく」 わけですが、


   どういう順番でつないでいったら良いか分らない。


   コードをつなげる作業のことを「コード進行を作る」とかいってまして


   ★一番簡単なつなげ方は★「循環コード」★といわれる、


    そのパターンで、ずぅ〜〜っと弾いてても いつまでも続くコード進行。

 ___________________________________

  ■代表的な循環コードのコード進行は


  【 イチ・ロク・ニー・ゴー 】という循環。

   数字で言ってますね、さっきのディグリーが役に立ちます。

  【 T ・ Um ・ Vm ・ W ・ X7 ・ Ym ・ Zm−5 】
    

  の、【 T ・Ym ・Um ・X7 】 という順番に弾いていく


  ■Key=C なら


     【 C ・ Am ・ Dm ・G7 】 と弾く。


   この場合の「T」と「Ym」は親戚関係で、お互いのコードの代理関係にある、といって


   どちらを使っても、響きの雰囲気をあまりかえずに進ませることか出来ます。

   
   単純に同じコードを続けるより、ちょっとだけ変化を付ける効果が出ます。


    「Am」を「Am7」にしたり、「Dm」を「Dm7」にしても良い感じ弾けます。

  
    この進行だけで最後までずぅ〜〜っと続けて、1曲終わる。


    っ手てが世の中には50000とあります。 あ、数は定かじゃないです・・・

 ___________________________________
 

 ■ちょっとしたフレーズや曲の出だしとかは


   このイチ・ロク・ニー・ゴーから初めてもいいでしょう。


   いろいろなKeyでトライしてみてください。

 __________________________________


  ■で、このコード進行を難しいコードがいっぱい出てくる「Key」の曲


    「Key=F#」とか、先ほどの「Key=E♭」なんかを

    単純なギターコードのダイアトニックコードに変換して弾くことができる道具が


    「カポ・カポタスト」って道具です。 弾語りなんかには必須アイテム。


  だけど、、、、、、、、


   ★それをどのフレットに装着して弾けば原曲のKeyになるか分らない、とか

   ★どんなダイアトニックコードへ変えて弾けばいいか、その変換方法が分らない

  って人のために、一発で原曲のダイアトニックを、単純なダイアトニックへ変換する表。
  
    http://www.studiofalcon.com/10/index.html

    ★一家に1セット、、、、便利ですよ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 ■暫らく大所帯のBANDに慣れ慣れになってたので、原点に帰ろうかと

  アコースティックでストリーと行こう、とかって書いてましたたが
  
  知り合いのLIVEHOUSEのマスターから電話で、

  「今度、うちもアンプラグドのイベントやってみるから出てよ。」

   ってことで、ブッキングされました。

  まぁ、おっさんですから往年の80’sのアメリカンRock系を生2本で

   今回はEaglesをメインに何曲か。

  「Desperado」とか「One of These Night」とか、その辺を演ろうかと

  久々に指先が痛いっす・・・・・・wwww


 ★冒頭の答え ★★★ 「 Am 」 ★★★


  7フレ・セーハーして、Dmって結構フォームが辛いっす。
  しかも、これを「Am ⇒ Am7」へと進行。
  指の形としては、セーハーしたまま、「Dm ⇒ Dm7」にチェンジ・・・・

  やってみて!? けっこう辛いょ。。。。。。。

   「One of These Night」でガンガン使う。。。。。。。。。。

 **********************************

  ★「コード一発変換表」★

    ⇒メジャーキーのC・G・D・A・Eに対応した5枚セット。
        【 Standard 】

    ⇒ 主要三和音を色分けして、トニックとかドミナントとか分る
        【 Great 】

    ⇒ マイナー3種ダイアトニックコードも別シートでセットにした
        【 Ulitmate 】

   ★↓↓お申込みはWebで。。。↓↓↓

    http://www.studiofalcon.com/10/index.html
 
***********************************

  【「っぽい」オリジナル曲作りの道”PDF版”】あなたのオリジナル曲作りのお手伝い。

   オリジナル曲を作るときの、基礎とポイントが満載。

 http://www.studiofalcon.com/06/e-book_ppoi/e-book_ppoi_01_index.html

 ■「とにかく1曲作りたい」       
 ■「バンドでも応用できるアレンジのコツを知りたい」

http://www.studiofalcon.com/06/e-book_ppoi/e-book_ppoi_01_index.html

 ギター教室やベース教室もこのPDFを使ってます。


バンド 初心者ためのページTopへ > 00.メルマガ倉庫 > バンド初心者へのアドバイス stage.23 「ギター コードの使い方、コード進行を作る」



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/134