■バンドはコードで喋ります。

    コード進行さえ分かれば、世界で通じます。


    コードは、基本、3種類の音が重なっています。

   音は、

   ドレミファソラシド の 7音と

   ド#レ♭

   レ#ミ♭ 

   ファ#ソ♭
  
   ソ#ラ♭ 

   ラ#シ♭ の黒鍵 の5音を足して12音あります。


  これを円周上に均等に割り振って並べる。 まあるい鍵盤みたいな感じ。

  ピタゴラスの三角形を作ります。「3:4:5」のやつ。


  ひっくり返すと「4:5:3」になる・・・・。ま、そんなことはどうでもいい

  んで、任意の角をどこかの音に持ってく。

  自動的に他の2つの音も決まってくるね。  三角形なので3音。


  これが、【コードと同じ理屈に重なってる。】 って知ってた???


  今、作ったのが「メジャー」っぽい響きなら、

  
  ひっくりかえすと、「マイナー」になります。


  この辺の長さの順番の違いが「長三度」と「短三度」の半音の違いなわけ

  これ、スゲくね!?

  テンション。 とは・・・


 __________________________________


 ■メジャーキーの曲を作るときの考え方。


  コードは、最初3種類のコードだけで作ることが出来るんです。 


   ってか、無理せず骨だけ最初に作っとく。 おおまかな流れとか、、、


  何かに記録してかなきゃ意味がないけどね。


 ===■コードの役割■======================

   音はイメージなので、コードには人格・性格のようなイメージがあります。

   【ドミナント類】  ドリンク類ではありません


   【サブドミナント類】 サプリメント類ではありません

   【トニック類】   しゃn・・


 ================================

 

  ■【トニック】


    その曲の「Key・キー」になるコード。

    イントロなどで、その曲のイメージの基本を作るコード。


    フレーズを元に戻ってきたときのコード。
    「起立」「礼」「着席」の「起立と着席」の感じの和音。


    その曲の基本になるコード。 【トニック】の一番下の音を「ベース音」にして曲を作る。


    略すと【T】。

  ___________________________________


  ■【ドミナント】


    【トニック】に戻る前に持ってくると、収まりが良いコード。 


     雰囲気を変えるコード。 この時だけはベース音は変えたほうが良い。


     トニックのベース音から数えて、5番目の音を基本にして作る3和音。


     「セブンス・7th」という、4コ目(7番目)の音を加えると、もっと帰りたくなく。


    略すと【D】 *ドミナント&セブンスの場合【D7】 戻るときは、まずコレ。

 __________________________________


  ■【サブドミナント】


   どっちでも行けるコード。


   【SD】 

 ___________________________________
 ___________________________________


 
 ■今度は小節数、、、小節は4の倍数で考える。

  コード進行を作る時に、紙に「 | 」を書いて四等分するクセをつけると後々便利。


  |         |         |          |         |  


   まぁ こんな風。


    

  ■で、コードをはめ込んで行く。  

  イメージで先にフレーズがあったほうが絶対良いんで。

  まずは、鼻歌程度の「フフフン・ミュージック」を作って欲しい、ってか作ると思う。

  そうすりゃ嫌でもギター持つから、Keyくらい決まるしね。。。


 *****《Key別 三和音一覧(小)》******

   左から、【トニック】【サブドミナント】【ドミナント7th】

  Key=C    「C・F・G7」 *フォークなひと。

  Key=G    「G・C・D7」 *元気なひと。

  Key=D    「D・G・A7」 *CHE、R、RYとか。

  Key=A    「A・D・E7」 *ブルースなひと。

  Key=E    「E・A・B7」 *ロックなひと。

 
  **********************

  で、小節を2段くらいから作りはじめる。

  |         |         |          |         |  

  |         |         |          |         |  


 で。そのイメージは、こんな順番でコードが合う感じ、ってのを

  |【トニック】   |【トニック】   | 【サブドミナント】|【ドミナント】   |  

  |【サブドミナント】|【トニック】   |【ドミナント7th】 |【トニック】    |  


 ■Keyを「G」で作ったんなら、


  |【G】   |【G】   | 【C】    |【D】    |  

  |【C】    |【G】   |【D7】   |【G】    |  

   って進行が出来きました。


 ________________________________

 ■まずは、これで一旦何かに記録します。 浮かんだメロディー付きでね!


    僕の場合は携帯のレコーダー。  メロディーは固定する必要無し。


    楽器が無いときはまぢ鼻歌で
   

 ________________________________


 ■これ、やらないと絶対後悔します。

 __________________________________


 ■これ、やらないと絶対後悔します。

   大切なことなので2回言いました。


 ■これから、この骨組みを何回も弾いてみて、見つけたイメージのイマイチな箇所を


  修正したり、変更したりする作業になっていく。


  ★コード進行をいきなり変えるのは嫌なので、


   コードのイメージを残して雰囲気だけちょっと変えられないか・・・、って


 __________________________________


  ■ひとつのコードには、必ず1個以上の【代理コード】があります。


   *1個以上、ね。 コレ大事


  役割別に、代理関係も継続して融通してくれるのが、嬉しい。

  現代社会の厳しい制約の中で暮す僕らに一服の清涼剤になります。

 ==========《 代理関係一覧(小) 》=================

  【トニック】=Key ⇒ 6番目の音を基準にして作った3和音のマイナーコード

  【サブドミナント】  ⇒Keyから2番目の音を基準にして作った3和音のマイナーコード


 
  【ドミナント】     ⇒Keyから3番目か7番目の音を基準にした3和音のマイナーコード

 =====================================

 ■どんなコードを当てはめたら良いかってと、

 *****《Key別 代理コード一覧(小)》*********

   左から、【トニック】【サブドミナント】【ドミナント7th】

  Key=C    「CとAm」・「FとDm」・「G7とEm7かBm7−5」

  Key=G    「GとEm・「CとAm」・「D7とBm7かF#m7−5」

  Key=D    「DとBm」・「GとEm」・「A7とF#m7かC#m7−5」

  
  **************************


  ここで、【ドミナント】だけに、わざわざ「7th」を付けたのかの意味が分かる。


  つべこべ言わずに、弾いてみりゃわかる。

 ■でぇ、この理屈を、どうやって使っていくか? ってことだよね。

    次回以降、だんだんマニアックになります。。。。。

バンド 初心者ためのページTopへ > 00.メルマガ倉庫 > バンド初心者へのアドバイス stage.26 オリジナル曲の作曲方法、コードで作るイメージフレーズ」  〜1〜



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/139