■とりあえず、前回作ったコード進行をみてみます。

  Key=G でした。

  |【G】   |【G】   | 【C】    |【D】    |  

  |【C】    |【G】   |【D7】   |【G】    |  

   って進行を作りました。


 あ。Key別の雰囲気一覧も書いときました、覚えてるかなぁ。。


*****《Key別 三和音一覧(小)》******

   左から、【トニック】【サブドミナント】【ドミナント7th】

  Key=C    「C・F・G7」 *フォークなひと。

  Key=G    「G・C・D7」 *元気なひと。

  Key=D    「D・G・A7」 *CHE、R、RYとか。

  Key=A    「A・D・E7」 *ブルースなひと。

  Key=E    「E・A・B7」 *ロックなひと。

 
  **********************


 んで、各Keyのコードの役割別に書くと


  |【トニック】   |【トニック】   | 【サブドミナント】|【ドミナント】   |  

  |【サブドミナント】|【トニック】   |【ドミナント7th】 |【トニック】    |  


 ___________________________________


 さて、コレをさっきのKey=Gに当てはめて。


  |【G】   |【G】   | 【C】    |【D】    |  

  |【C】    |【G】   |【D7】   |【G】    |  


 となったのですが、このまま弾いてても何か普通。。。。。


 ってことで、このコードを進行の雰囲気をあんま変えないで

 コードの響きだけ、ちょっとイジってやってニュアンスを変えます。

 そこで役に立つのが、「代理コード」っていう概念。

 *****《Key別 代理コード一覧(小)》*********

   左から、【トニック】【サブドミナント】【ドミナント7th】

  Key=C    「CとAm」・「FとDm」・「G7とEm7かBm7−5」

  Key=G    「GとEm・「CとAm」・「D7とBm7かF#m7−5」

  Key=D    「DとBm」・「GとEm」・「A7とF#m7かC#m7−5」

  
  **************************

先ほど作ったコード進行の


  |【G】   |【G】   | 【C】    |【D】    |  

  |【C】    |【G】   |【D7】   |【G】    |  


 「G」が続く2小節目を「Em」にしたり、3小節目の「C」を「Am」や「Am7」へ

 4小節目の「D」を「Bm」や「Bm7」に代える。


 ということが上記の代理コード一覧から代えられるコードへ変更するわけです。

 そうすることで、コードの役割(【トニック】とか【ドミナント】とかの)は変えないで、


 流れる和音の雰囲気をちょっと変えることが出来る、ってわけ。

 ____________________________________


 ■で、出来上がったコード進行は

  |【G】   |【Em】  | 【Am7】  |【Bm7】  |  

  |【C】   |【G】   |【D7】    |【G】    |  

 で、ちょっと前の進行とはイメージが変わるのが分かると思います。


 セブンスを使ったコード「Am7」とか「Bm7」とかのセブンスは入れても入れなくても

 コードの役割は変わりません。小節を半分ずつ「Am」⇒「Am7」としてもOK。

 でも、それをやる時は上記のように「Am」⇒「Am7」の振興がスムーズです。

 逆にしちゃうと妙に落ち着いちゃって、、、って感じになるので、

 あえて効果で狙うなら良いんだけど、最初のうちはやらない方が良いかも。

 __________________________________


 ■代理コードは絶対使わなくちゃならない、ってわけじゃないですが、

  だいだいの曲は要所要所で使ってます。


  先ほどの例で、代理を使った小節の場所も、そこしかダメってことはなくて

  自分のイメージに合ったところを代えれば良いのです。


  音楽理論的に言えば、ある程度の法則のようなものはありますが、

  初心者のうちはそれほど気にしない方が良いですね。

 ________________________________


 ■なんで代理ができるか?って疑問も持ちますよね。


   簡単に解説しときます。


 ■例えば「C」と「Am」の代理関係についてちょっと考えましょう。


  「C」のコードの構成音は【ド・ミ・ソ】


  「Am」のコードの構成音が【ラ・ド・ミ】


   この時点で、【ミ・ド】の2音が同じ音を使っていることが分かります。


  で、「Am7」になるとセブンスの音が加わります。セブンスの音は【ソ】


  そうなると「Am7」の構成音は【ラ・ド・ミ・ソ】となって、

  「C」の【ド・ミ・ソ】を全て含んだ和音になっているのが分かります。


  ルート音が【ド】なのか【ラ】なのかで「Cなんとか」というか「Aなんとか」と

  いってるかの違いだけなんですね。


  もういっちょ、突っ込んで考えると。

  「C」の構成音になくて「Am7」の構成音にある音は【ラ】ですが、


  この【ラ】は、「C」というコードにとってどんな音か? というと。。。。


  「6度目の音」になります。


  「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ」の6番目。


  なので、「C」に【ラ】の音を加えた【ド・ミ・ソ・ラ】というコードは、

 
   「C6」 「シー・シックス」と言います。


  「C6」と「Am7」は、構成音は全て同じ4種類の音なのに


  ルート(ベース音)の違いでコードネームが変わってるだけなんですね。


  ま、詳しく理論的に説明も出来ますが、今はこんな感じでOKです。

 __________________________________


  ■代理コードの関係にあるメジャーとマイナーコード全てにこれは当てはまります。


    ★メジャーコードのシックス と

    ★マイナーコードのセブンス は、構成音は全て同じ。ってわけです。

    ■「D6」と「Bm7」なども、同じ構成音で出来てる、ってことですよ。


      YUIのCHE.R.RYなどで、D6やBm7が出てきますよね。


     たぶんあの曲も、最初はDはDのままで作ったのかも知れません。


    そのあとのアレンジの段階で「D6」にしたり、代理の「Bm7」にしたりとかの


    試行錯誤があったんでしょうね。


   まぁ、彼女がこの曲を書くまでに多くの曲を作ってるから、ある程度

   スキルとして持ってたのでしょう。


   独特の指癖になってると言っていいかも知れないですが、


   それが、アーティスト独自の「節」になっていきます。 


 _____________________________________


 ■今までに作った曲があるなら、この代理コードを使ってみてもいいと思います。

 
   簡単なアレンジの第一歩といえる作業です。


   最初は単純な3コードで出来てた曲も、少し雰囲気やニュアンスの違った曲に


   なるかも知れませんよ。。。。

バンド 初心者ためのページTopへ > 00.メルマガ倉庫 > バンド初心者へのアドバイス stage.27 「オリジナル曲の作曲方法、作ったコード進行を代える」



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


今日もポチありがとうございます。⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/140